Loading...

NO!CO2November
地域のみんなで地球にいいこと考えよう!
11/8(月)~11/28(日)@環境情報センター

この度、相模原市立環境情報センターでは『さがみはら環境まつり実行委員会』協力のもと、
環境問題の学習に役立つイベントを開催します。
地域のみんなで地球にいいこと考えてみませんか?

参加団体

・さがみはら環境まつり実行委員会(有志)

○教育機関
・青山学院大学 ・東京家政学院大学

○環境団体
・特別非営利活動法人 アース・エコ ・さがみはら地球温暖化対策協議会
・理科で遊ぼう会 ・さがまちSDGsファウンデーション ・相模川を愛する会
・相模原市自然環境観察員 ・太陽光発電所ネットワークPVさがみはら
・NPO法人 相模原こもれび

○事業者
・花王グループカスタマーマーケティング㈱ ・公益財団法人 神奈川県下水道公社

イベントカレンダー

さがみはら エコ・プロ ちゃれんじ 2021

環境をテーマとしたプログラミング・コンテストを開催します!

緑あふれる相模原市。
あなたが住む相模原市の環境について考えてみたことはありますか?
地球を守るためにできることを考えてみませんか?
また、2020年度から小学校でのプログラミング教育がはじまりました。
プログラミングでなにかを表現できることは、これから必須のスキルになります。
みなさんの環境に対する想いや環境問題の解決策をプログラミングで表現してみませんか?

相模原市立環境情報センター・青山学院大学・地元企業が連携して、相模原市内在住または在学の小・中学生を対象として、『環境』をテーマにしたプログラミング・コンテストを開催します。
先ずは、相模原市の環境や環境問題について学びましょう。その中からあなた自身がもっとも興味をもったところを探してみましょう。そして、それをプログラミング環境Scratch(スクラッチ)を使って、ゲームやアニメーションなどで表現してみましょう!

環境教育・プログラミング教育をサポートします

青山学院大学(社会情報学部)が環境教育・プログラミング教育をサポートします。「サポート」はこちら

募集内容

  • 環境問題や相模原市の環境をテーマとしたScratchプロジェクトであれば内容は自由です。
  • Scratchのバージョンは問いません。
  • micro:bitやLEGOなどパソコンに接続する外部機器を使った作品も応募できます。
  • 他人の著作権や肖像権、 プライバシーなどの権利を侵害していない作品とします。
  • 親権者の同意を得た上で応募するものとします。

詳しい募集内容及び応募方法については後日詳細を公開します

スケジュール

■作品応募期間:
 2022年1月8日(土)から1月31日(月)
■応募チェックと公開準備:2月1日から11日
■最終審査期間/受賞者発表会: 
 最終審査期間:2022年2月11日〜 2022年2月19日
 受賞者発表会:2022年2月20日(日)13:00〜(オンラインで実施します)

各賞について

・さがみはら環境まつり実行委員長賞 ・青山学院大学賞 ・環境情報センター賞
※ 受賞者には後日郵送で表彰状と副賞をお渡しする予定です
※ 応募者(応募代表者)が、小学生か中学生によって、審査部門をわけ、それぞれ選考します

主催・協賛

• 主催: 相模原市立環境情報センター
• 企画・運営: 青山学院大学
• 協力:さがみはら環境まつり実行委員会
• 協賛:株式会社ライト、株式会社GROSEBAL

お問い合わせ

応募に関すること、スクラッチについて、環境問題について、お気軽に以下からお問い合わせください。
「お問い合わせ」フォームはこちら
さがみはらエコ・プロちゃれんじ事務局
sagamihara-eco-pro-challenge [@] gsuite.si.aoyama.ac.jp

ポスターでふりかえるさがみはら環境まつり

第1回さがみはら環境まつり 「みんなでつながろう の輪!」

平成17年6月5日(日)12:00~17:00
会場:麻布大学8号館とその周辺
翌年オープンする相模原市立環境情報センターについての意見交換会やシンポジウムを開催。
特別講演も「環境のまちづくり」をキーワードに、環境情報センターへの期待が高まった環境まつりでした。
ブースは、「自然を感じる」「環境と社会のつながりを知る」「環境保全に向けて行動する」の3つに分かれて約30組の出展がありました。

第2回さがみはら環境まつり 「さあ!環境情報センターの出発だ!」

平成18年6月4日(日) 11:00~17:00
会場:麻布大学8号館とその周辺
タイトル通り、この年の4月にオープンした相模原市立環境情報センターが環境まつりに出張しました。
出展は53ブースに増え、野外チャリティライブやエコクッキング講演会を開催。
ステージでは全国のエコキャラが大集合し子ども達にも大人気でした。

第3回さがみはら環境まつり 「広がる相模原!広げよう!」

平成19年6月3日(日) 10:00~17:00
会場:麻布大学8号館とその周辺
新「相模原市」の誕生記念事業として実施。
エコキャラ大集合をはじめとしたステージパフォーマンス。
当日会場内限定で使える地域通貨の実証実験を行いました。

第4回さがみはら環境まつり 「地球規模で考え、相模原で行動しよう!」

平成20年6月8日(日) 10:00~17:00
会場:麻布大学
環境映像「地球温暖化の目撃者」の上映、参加型の発表プログラム、大学生と一緒に会場を探検して地図を作る「エコ探険」などのワークショップを開催。
また、テーマに沿い相模原の地元産物の即売も行いました。

第5回さがみはら環境まつり 「想像しよう・創造しよう!20年後のさがみはら ~やすらぎと潤いのあふれる環境都市~

平成21年6月28日(日) 10:00~17:00
会場:相模原市立環境情報センター・相模原市体育館
会場を相模原市立環境情報センターと相模原市体育館に移して実施しました。
真珠まりこ氏による講演会「もったいないばあさんから学ぶ」、相模原の過去、現在、未来を語るパネルディスカッション、おもちゃリサイクル&工作教室、市内の小中学校のエコ活動紹介を実施。
ポスターコンテストはこの年からスタートしました。

第6回さがみはら環境まつり 「今日を変える 明日が変わる」

平成22年6月27日(日) 10:00~16:30
会場:相模原市立環境情報センター・相模原市体育館
実行委員会が企画した環境フォーラム「環境って仕事になるの?~相模原スタンダード構築を目指して~」や森本章夫の環境おもしろ実験に加え、地域の環境団体や企業がワークショップや講座などの企画で参加いただきました。
リユース食器を使ったエコフードマーケットやフリーマーケットはたくさんの人が集まりました。またSUSコンはこの年から始まりました。

第7回さがみはら環境まつり 「ちょっとのGAMANみんなのために!」

平成23年10月23日(日) 9:45~16:00
会場:相模原市立環境情報センター・相模原市体育館
東日本大震災が発生したこの年、省エネや省資源について改めて考える環境まつりになり、原発や放射能をテーマにした上映会&トークセッション「どうする相模原のエネルギー?伝えようみんなのメッセージ」、放射線利用についての中学生ミニ陪審「身近な放射線利用について考えよう!~食品照射は、よい?わるい?~」など考えさせられる企画が多数ありました。昔の遊び体験、エコなステージライブ、ブースを回ってもらえるGAMAN券で地元の食材を使ったうどんが食べられるコーナーエコカフェは大人気でした。

第8回さがみはら環境まつり 「見つけよう、発信しよう、相模原のエコ力」

平成24年9月30日(日) 9:45~15:00
会場:相模原市立環境情報センター・相模原市体育館
楽しく学んでエコしようコーナーのソーラークッカー作りや間伐材のいす、キーホルダーづくりなど、親子でエコ体験できるコーナーが人気でした。また、さがみはらの森の積み木を使った「小惑星探査機『はやぶさ』を作ろう!~森と宇宙のコラボレーション~」や相模原のむかしながらの味「おこじゅう」の試食もありました。「さがみ風っこISO」の活動紹介はこの年から始まりました。

第9回さがみはら環境まつり 「元気森モリ‼ みどりの相模原」

平成25年6月30日(日) 10:00~16:00
会場:ミウィ橋本インナーガーデン・杜のホールはしもと多目的室
会場を緑区のミウィ橋本インナーガーデンと社のホールはしもとへ移して開催しました。
津久井産材の活用を考える講演会とディスカッション「津久井産材活用のための課題と将来像」、「森をつくる=子供たちの笑顔と日本の未来のために」と題したCWニコルさんの講演には、たくさんの参加がありました。緑区の開催ということで、森モリコーナーや森の積み木コーナーもあり、テーマ通り森に着目した年でした。

第10回さがみはら環境まつり 「つながる つながれ ひと・まち・みどり」

平成26年6月29日(日) 10:30~16:00
会場:ボーノ相模大野 ユニコムプラザさがみはら
場所をボーノ相模大野に移し、出展団体もなんと43団体!
本川達雄先生講演会「生物多様性は大切です」や「ひと・まち・みどり つながるトークショー」。
「エコでうまい!エコさが丼」も販売されました。

第11回さがみはら環境まつり 「つながる つながれ ひと・まち・みどり」

平成27年6月21日(日)10:30~16:00
会場:ミウィ橋本インナーガーデン・杜のホールはしもと多目的室
メレ山メレ子氏講演会「あなたの中にも眠る!?“虫スイッチ”や「クワガタ忍者ショー」など子ども達も楽しめるイベントでした。
「環境を守ることの大切さ」をテーマにした環境写真コンテストにはたくさんの応募があり、その表彰式も行われました。

第12回さがみはら環境まつり 「地球の未来のために、今できること」

平成28年7月3日(日) 10:30~16:00
会場:ボーノ相模大野 ユニコムプラザさがみはら
特設ステージでは、南極料理人 西村淳氏講演会「ごはんにしよう!」や「地球貢献型アイドルFlare☆」「バルーンアーティスト竹田望稔氏」の環境ショータイム、相模原の環境ムービー・トークショー「青根っこ」「藍色少年少女」が行われました。

第13回さがみはら環境まつり 「豊かな未来へ つなぐバトン」

平成29年6月18日(日) 10:30~16:00
会場:ソレイユさがみ(イオン橋本店6F)
特設ステージでは、TBSテレビ「ひるおび!」に出演している天気予報士 森朗氏の講演会「天気予報と近未来気候」や「クワガタ忍者ショー」「環境クイズ大会」が行われました。

第14回さがみはら環境まつり

平成30年6月24日(日) 10:30~16:00
会場:ユニコムプラザさがみはら
特設ステージでは、tvkテレビ(テレビ神奈川)お天気キャスターくぼてんき氏の講演会「みんなでエネルギーについて考えよう!」、地域貢献型アイドル“Flare☆”、「クワガタ忍者」の環境ショータイムが行われました。水素エネルギー体験では、水素エネルギーで動くミニ四駆やミニロマンスカーが走りました。

第15回さがみはら環境まつり

令和元年6月30日(日) 10:30~16:00
会場:ミウィ橋本5Fインナーガーデン・8F杜のホール多目的室
杜のホール多目的室の特設ステージでは、荻原次晴氏の講演会やさがみはら環境シンポジウムが開催されました。「電気自動車実験教室」では、子ども達がモデルカー実験をしながら、地球温暖化と電気自動車について楽しく学びました。「生分解性ポリ乳酸繊維布でコサージュを作ろう!」やカラー広告や牛乳パックを利用した「廃棄物を利用したものづくり教室」には、たくさんの方に参加していただきました。

相模原環境情報センター相模原環境情報センター

〒252-0236 神奈川県相模原市中央区富士見1丁目3番41号
TEL:042-769-9248 FAX:042-751-2036 e-mail:kankyo@eicwits.com